SBSドラマ『大風水』

SBSドラマ『温かい一言』

おすすめ

  • 『トンイ』(上)
  • 『トンイ』(下)
  • パラレルライフ
  • 家を出た男たち
  • 『結婚できない男』 BOX II
  • 『結婚できない男』BOX I
無料ブログはココログ

*****

  • チジニ, チ・ジニ, 지진희, 池珍煕

« 『同伊』第59話 | トップページ | オサマ お疲れさまでした »

2010年10月13日 (水)

『同伊』第60話(最終回)

201010122336471001_1最も高い地位で優雅に生きることもができたトンイは、最も低いところで自分の手にした権力を分けて生きることを望みました。幼いヨニングンがお母さんと離れたくないと泣いても彼女の気持ちに揺れはありませんでした。

自分を心から愛してくれた粛宗の頼みも拒み、ヨニングンの母になった中殿の引き止めも聞かず、世子の温かい見送りを受けてイヒョン宮へ向かいます。

トンイは引き留める粛宗に出宮の理由を語っていました。

「幼い頃、私は生きるために最も安全な宮に入ってきました。
今度は生きるために出て行きます」

残った人生を賎民だった自身のように苦しく生きている人々のために生きていきたいと。

イヒョン宮に入ると直ぐトンイは粛宗の訪問を受けます。
粛宗の顔を見て微笑むトンイに粛宗が怒り出します。

「私は寂しくて死にそうなの、私はおまえの何なのだ!」

「私の全てです。
殿下をいつでも見られるのがうれしいのです。
全てのことを受け入れて、わがままを聞いてくださり有り難いと思っています」

それでも、「憎くてたまらない。もうおまえのことなど考えたりしない」と強がりを言う粛宗に、そんなことはできっこないですよ、とにっこり笑うトンイ。

それはトンイがこれから繰り広げる様々な事件のためでした。

トンイは外で生活する人々の話を聞くために、イヒョン宮の垣根を崩します。イヒョン宮の前は、力がないために悔しい思いをしている人々が大勢集まるようになります

ある日、みすぼらしい身なりの少女がトンイを訪ね、お父さんが寃罪を被り官衙に捕えられていると訴えます。トンイは直接官衙を訪ね、元監察女官の捜査力を発揮します。

事件を捜査したトンイは奴婢の官吏殺人事件として処理された事件の背後に奴婢から不正に金を集め着服していたという不正事件があったことをつきとめます。

長い間、トンイを支えたソ・ヨンギ、シム・ウンテク、監察女官のチョン尚宮とジョンイムはもちろんヨンダルやとファン・ジュシクまでが協力をします。そして最後には粛宗が内禁衛軍まで動員して事件を解決します。

トンイは解放されて抱き合う賎民親子を見て、自分の過去を振り返り喜びを隠すことができません。

トンイの誕生日を翌日に控えた日、これまでトンイに助けられた人々がトンイに素敵なチョンジャ(亭子)をプレゼントするのだと言って次々に集まってきます。

ちょうど母を訪ねて来たヨニングンはその姿を見て、その教えを心に刻むと言ってトンイを喜ばせます。

物陰から粛宗も満足げにその様子を見つめます。

誕生日のお祝いにやって来たという粛宗とともに町を歩いていると、二人は誘拐現場を目撃します。追跡すると、そこはトンイが捜査していた密輸団のアジト。ぐずぐずしていると証拠が失われるというトンイは粛宗に一言。

「うつ伏せになってください」

「私は王だ」と怯みつつ、結局うつ伏せになる粛宗の背中を踏んで垣根を越そうとするトンイ。

垣根を向こうはヨニングンの即位式を行う宮中。第21代朝鮮王英祖の誕生です。その側には老いたチョンスの姿がありました。

ある日、英祖はチャ・チョンスとともに母トンイの墓を訪れます。英祖は昨夜、夢に母が出てきたと言います。「王として何をすべきか心配だと尋ねるや、母が鞭で叩こうとした」とトンイを回想します。

英祖はチョンスに「母のためにもこの国の最も王らしい王になる」と決意を語ります。

そのとき人の気配を感じたチョンスは、それを追い、幼い頃のトンイにそっくりの少女に出会います。松虫をとっていたという少女は「淑嬪様が生前そうしたように、私もよいことをしているのです」と言います。

少女の言葉から民が淑嬪崔氏をどう思っているのか知ったチョンスは満足そうに微笑み、少女に言います。

「おまえは尊い人になる。
尊い意志を持ち続けなさい」

少女の名はトンイ。父と歩きながらチョンスの言葉を噛みしめ胸の中に深く刻みます。

正直に生き、不正と妥協しなかった淑嬪、権力を放棄して最も身分の低い人々と生き、多くの人々が人間らしく生きられる世の中を夢見たトンイ。トンイはまた次の時代にも同じ夢を見て生き続けているのかもしれません。

どこかで「トンイや」と呼ぶ声が聞こえます。
少女トンイとともに淑嬪のトンイが振り返えります。声の主は粛宗。
二人は手を取り合い抱擁します。

淑嬪が出宮してから二人は、生涯離れて暮らしました。粛宗は宮廷内で改革政治を続け、トンイは宮廷の外で、賤民のための仕事をしました。二人は離れて暮らしていましたが心はひとつでした。

そして時が流れ、トンイが先に旅立った世界に粛宗もやがてたどり着き、また二人は共に手を取り合って歩いていくのでした。

(完)

----------

最終回は、コミカルに描かれていましたが、至る所に制作者の意図や思想がちりばめられていてとてもよかったと思います。

権力にへつらうことなく弱い人々のために生きる。

トンイは粛宗の背中を二度も踏みつけます。最初は王とは知らずにした行為でしたが、二度目はあえて「王の身分を選択するのか、男を選択するのか」と言いながら踏みつけます。

ドラマ『同伊』の思想を表現した名シーンだと思いました。

人気ブログランキングへ

« 『同伊』第59話 | トップページ | オサマ お疲れさまでした »

ドラマ「同伊(トンイ)」」カテゴリの記事

コメント

本当に終わっちゃいましたね~。

MBCの放送は見れる環境じゃなかったので、いつもmiemamaさんの「あらすじ」を楽しみにしていました。

最終回は粛宗ジニ様の魅力がたっぷり見れそうでワクワク。happy02
でもこれで終わるのかと思うとcrying

エンディングの粛宗とトンイが手を取り合って歩いていくシーンではボロボロになりそうです。cryingcryingcrying


「あらすじ」お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。happy01

とうとう終わっちゃったんですね~
読み逃げばかりしてましたが毎回あらすじがアップするのを楽しみにしてました。miemamaさんお疲れ様でした。楽しみが減ってこれから寂しくなりますweep

毎回同伊の「あらすじ」ありがとうございました。

ネタに困ることなくジニさん大活躍でしたね。

ジニさん同様にmiemamaさんも忙しいかと思いますがこれからも、よろしく~。sun

はじめまして。
私は、なんと遅い事か、この5月から、チ ジニさんのファンになった者です。今頃?かも知れませんが、チャングムを観てから、どっぷりはまりました。そんな中、このホームページを見つけ、毎日のように見させていただきました。
みなさんがほんとに、チ ジニさんのことが大好きなのが伝わって来ます。 
同伊も、観た事はないのですが、あらすじを楽しみに読ませていただきました。
はやく、観たくなりました。
毎回、あらすじをのせていただき、いろいろ想像しながら、読ませていただきました。
ありがとうございました。 

韓国語を勉強したくなりました。
いろんな情報をここで知る事ができ、自分でもわかればいいのにと思いました。

これからも、チ ジニさんを応援したく思いますし、このホームページをこれからも楽しみに
読まさせていただきたいとおもいます。
楽しみにしていますので、お体を大切にしてください。

みなささま、本当に終わっちゃいましたね。

『同伊』はジニさんのいろいろな魅力が満載のドラマでしたね。優柔不断な王様見えたこともありましたが、字幕つきで見てみると、優柔不断の態度の裏側にしっかりとした意志があることがわかって、やっぱりちゃんと言葉を理解して見ないとだめね~と思います。

今、KNTVでご覧になれない方も、人気監督の作品ですし、必ず日本のどこかでチャンネルで見る機会がくると思いますので、そのときは是非ご覧になってください。

あ~、来週からどうやって生きていこうか? 寂しいぞ。

あらすじ、お疲れ様でしたnote

毎週楽しみにしていましたから、来週からはさみしくなります。

チグン、KNTVで試聴してます。
その後はNHKで放送予定らしいです。

吹き替えだと感じ方も変わってしまうかも。

でも楽しみです。

チュンさん、ご無沙汰です。

同粛カップルのシチュエーションコメディーで続編やったらおもしろいんじゃないかしら? なんて思ったりしています。

NHKの噂もありましたが、KNTVのあとは衛生劇場で12月から放送されることが決まっています。

NHKの字幕放送も見てみたいと思いますし、是非やって欲しいと思いますが、王様の『トンイヤ~」の声はジニさんじゃないとダメな気がします。

miemamaさん、60話にわたるあらすじ、お疲れ様でした。
ここであらすじを読んでいなければどんな流れなのか、
全然わからずじまいだったと思います。
本当にありがとうございました。

毎回素敵なジニさんでしたよね(*^。^*)
私も来週からどうしようかと思います。。寂しくなりますよね。
でもチングがKNTVを録って送ってくれてるので、そちらをゆっくり堪能しようと思います。

ジニさん、ゆっくり休んで次の映画に備えて欲しいですが、
その前にファンミとかあったらいいのにな~なんて思っています。
野球も是非是非来て欲しいですね!

yohoさん、こんにちは。

素敵なジニさんを7ヶ月間堪能いたしました。
KNTVで字幕つきで見るともっとステキです。

野球は来る可能性高いですね。
しかし、正月は辛いな~~。

今度は純愛もの。こちらも楽しみです。

miemamaさん
遅くなってしまいましたが、トンイ60話までのあらすじ、ありがとうございました。
お疲れ様でした。
手をグーにしながらも、毎回楽しく観られたのは、miemamaさんのあらすじがあったからだと、感謝しています。
本当にありがとうございました。
ぶたは、トンイ最終回の翌日から、脳みそが沸騰するぐらいの熱で、寝込んでしまっていて、今日、やっとPCをひらき、miemamaさんへの気持ちを書き込めて、安心しました。
あ~よかった。

ジニさんは、トンイが終わった後も忙しそうですね。
ジニさんの新しい情報ふれる事は、とても嬉しいのですが・・・。
「殿下」お体を御労りくださいませよ!。
miemamaさんもですよ!「チョンチョニ、チョンチョニ」ですよ!

miemamaさん、
毎週毎週トンイのあらすじを教えていただいて、どうもありがとうございました☆

ちょうどトンイの放送が始まった頃からソウルに住み始め、
韓国語もハングルも全くわからない中、このトンイだけは見続けていました。
想像を膨らませてTVを見て、
翌日miemamaさんのあらすじを読んで、疑問を解消したり納得したりし、
日曜日の再放送でおさらいをする、
そんな生活でした。
今はハングルも読めるようになり、韓国語も少しずつわかるようになってきました。
miemamaさんのブログが支えてくださったのだと思います。
トンイが終わってしまって寂しい気持ちでいっぱいですが、
きっと私のソウル生活セカンドシーズン突入の時期なのだと思います。
もっと韓国語の勉強をして、いつか、miemamaさんのように誰かを励ましたり手伝ったりできるようなブログも書いてみたいです♪

チ・ジニさんは素敵な俳優さんですね(*^-^*)
韓流スターを目指そうとは思わない、演技を評価してもらえるような役者になりたい、
というようなことをTVか何かで話されているのをお見かけしました。

トンイのあらすじ、おつかれさまでした!どうもありがとうございました☆

うにさん、はじめまして。
なんだかとても恐縮してしまうようなコメントをいただき、ありがとうございます。

チ・ジニさんと同じソウルの空の下にお住まいなんて羨ましいです。
トンイをご縁に、ジニさまもよろしくお願いします。

miemamaさんに、ずーっと思っていた感謝の気持ちを伝えられたようで私もうれしいです(^-^)

ジニさまの次回作、キム・プンギ監督の中国映画がたのしみですね♪

うにさん。これをご縁に、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそですー。
これからもブログ、たのしみにしています(*^-^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515587/49730899

この記事へのトラックバック一覧です: 『同伊』第60話(最終回):

« 『同伊』第59話 | トップページ | オサマ お疲れさまでした »

Team Ji Jin-Hee

チ・ジニさん友情出演作
『ラブ・フィクション』

  • DVDついに発売!
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り

フォト

Plan Japan